併用禁忌薬はあるの? | 偏頭痛に悩まされている人はマクサルト・ジェネリックを使おう!

併用禁忌薬はあるの?

2種類の薬瓶

痛みが現れてからでも十分な効果を発揮してくれるマクサルト・ジェネリック。
マクサルト・ジェネリックは偏頭痛に対して効果があるジェネリック薬の中でも、かなり優秀な治療薬であるといえます。
手元に備えておけば、偏頭痛の発作がいつ来るのかと怯えなくて済みますが、優秀な医薬品の中には併用禁忌薬が存在している場合もありますよね。
そのため、既に何らかの医薬品を服用している人は、マクサルト・ジェネリックの併用禁忌薬について知っておきたいと考えているのではないでしょうか。

マクサルト・ジェネリックの元になったマクサルトには、併用禁忌薬が存在しています。
そのマクサルトと同じ成分で作られているマクサルト・ジェネリックの場合でも、同じように併用禁忌薬が存在しているといえます。
マクサルト・ジェネリックはプロプラノロールを含んだ医薬品、モノアミン酸化酵素阻害薬との併用は禁止されています。
プロプラノロールはリザトリプタンと同じようにモノアミン酸オキシダーゼAで代謝されるため、リザトリプタンを含んだマクサルト・ジェネリックと併用すると、マクサルト・ジェネリックの代謝が遅れてしまいます。
結果、マクサルト・ジェネリックの作用が過度に増強されてしまう可能性があるため、プロプラノロールを含んだ医薬品とマクサルト・ジェネリックの併用は禁止されています。
また、モノアミン酸化酵素阻害薬と併用すれば、マクサルト・ジェネリックの代謝が阻害されてしまうことになりますよね。
その結果、同じように作用が過度に増強されてしまう可能性があるので、モノアミン酸化酵素阻害薬との併用も禁止されているのです。
マクサルト・ジェネリックを服用するときは、こういった併用禁忌薬にも注意しながら服用するようにしましょう。