偏頭痛のメカニズムは? | 偏頭痛に悩まされている人はマクサルト・ジェネリックを使おう!

偏頭痛のメカニズムは?

薬を飲む男性

日常生活に支障をきたすほどに痛みを発し、多くの人を悩ませている偏頭痛。
偏頭痛は月に1度から2度、週に1度から2度などの頻度で発作的に起きるという特徴を持っており、吐き気や嘔吐を伴うことも多い頭痛です。
普段はなんでもないような光や音に対して過敏になったりすることもあり、ストレスがある状態から一段落したときに起きる場合もあります。
なんでもない日常生活の中で突然頭痛を感じることになる偏頭痛ですが、そもそも偏頭痛はどのようにして起きているのでしょうか。

偏頭痛は頭部の血管が拡張して炎症を起こし、それによって痛みが起きているのですが、そのメカニズムには様々な説があります。
一般的に知られている説は血管説と三叉神経血管説の二つで、血管説は血小板から放出されるセロトニンが一度脳の血管を縮小させ、セロトニンが分解されて減少することによって血管が拡張して痛みが起きるというものです。
もう一つの説である三叉神経血管説は、脳神経の中でも最も大きい三叉神経が何らかの原因によって刺激されることによって、血管を拡張させる様々な神経伝達物質が分泌、その働きで拡張した血管や発生した炎症が神経を刺激して痛みが起きるという説です。
このように、偏頭痛には有名なものだけでも二つの説が存在していますが、頭部の血管が拡張して炎症を起こすという部分は変わりません。

マクサルト・ジェネリックは、服用することによって拡張した頭部の血管を収縮させ、炎症を抑えることで偏頭痛を改善します。
その効果はとても頼りになるものなので、偏頭痛で悩んでいる人はぜひマクサルト・ジェネリックを手に取ることをオススメします。